2016年03月22日

いつかは子供が欲しい…不妊予防に避妊薬なのにピルがオススメ?

今は妊娠したくない、でもいつかは子供が欲しい……そんな女性にもピルがオススメだと知っていましたか?

「不妊症の原因にもなる子宮内膜症が若い女性に増えています。ピルは子宮内膜症の予防と治療が可能ですから、不妊予防にも有効と言えるでしょう」(よしの女性診療所の吉野一枝先生)

でも、なんだか逆のような気もしてしまう。避妊薬で不妊予防が……?

え? 避妊薬なのに不妊を予防する効果があるの?!

月経のコントロールや避妊だけじゃない!医師が教えるピルの実力.jpg
月経のコントロールや避妊だけじゃない!?医師が教えるピルの実力

「ピルは子宮や卵巣のトラブルを防ぎますから、10代20代から飲んでおけば、30代に入っても健康な状態を保てます。そもそも30代後半になると、女性ホルモンも低下が始まりますし、子宮筋腫や子宮内膜症を発症する人が多くなります。何もしない人はピルを飲んでいる人に比べていろいろなリスクが増え、妊娠しづらくなる可能性もあるのです」

子宮や卵巣をいい状態でキープできるのがピル、ということでしょうか?

「卵子の老化を止めることはできませんが、実際には、何もせずに30代後半になって妊娠を望む人と、若いうちからピルを飲んで、30代後半でいざ妊娠を望む人では、後者のほうがスムーズに妊娠するケースが多いんですよ」

開発当初から不妊改善効果に期待

そんな効果があるなんて、あまり知られていない事実ですよね?

「低用量ピルは1954年にアメリカで誕生したお薬で、実は歴史が長いんです。開発当時、本当にピルで避妊できるかどうかを試す治験を行った際、不妊症の女性たちが参加してくれたのです。妊娠したくない人は、万が一妊娠したら困りますからね。結果的にはピルを飲んでいるうちは誰も妊娠しなかったけれど、治験が終わった後で参加者が立て続けに妊娠したのです。つまり、不妊症にも有効だと、開発当時から立証されていたんですよ」

なんだかピルに関しては、まことしやかに言われてきたことがすべて逆なんですね。

「日本のマスコミが悪いんです(笑)。がんを予防する効果があるのに『ピルを飲むとがんになる』と騒ぎ、不妊改善につながるのに『ピルを飲むと不妊症になる』と言われたり。正しい情報を伝えずに、偏った報道ばかりするから! 誤解されたままなんですよね」

副作用が心配という声もありますが、実際のところどうなんでしょうか?

「最大の副作用は血栓症なのですが、これはピルに血液を固まりやすくする作用があるためです。この血栓が肺や心臓、脳に詰まると重篤な状態になるわけですが、そのリスクはピルを飲んでいない人の4倍になるというもの。ただし! ピルを飲んでいなくても、喫煙者は11倍に、妊娠時は13倍、産後12週あたりは30~40倍になるのです。つまり頻度としてはそんなに高いものではないということです。血栓症で亡くなる確率は交通事故で亡くなる確率よりも低いと思ってください」

血栓を怖がってピルを飲まないというのは、ちょっともったいない……。

「リスクよりもメリットの大きさを考えてみてください。自分にとって何がいいのか、おのずとわかるはずです」

■Profile
吉野一枝先生
よしの女性診療所
http://www.drkazue.jp/
CM制作会社勤務などを経て、29歳で医師を志す。32歳で帝京大学医学部入学。卒業後、東京大学医学部付属病院産婦人科、母子愛育会愛育病院、長野赤十字病院などでの勤務を経て、2003年に開院。

「働く大人の女の子のごほうびマガジンROLA(ローラ)」
ランチタイムや通勤時間に楽しめる、女性向けコラムマガジン。無料読み放題のエッセイ、コミック、小説、ビューティ、グルメ&トリップ記事は、全てここでしか読めないオリジナルコンテンツです! 毎週プチプレゼントがあるのもお楽しみ。人気上昇中の注目アプリ!
★隔月のペーパーマガジンROLA(偶数月1日発売:定価¥620)も発行しています。

ROLAアプリ
美BEAUTE(ビボーテ)引用


posted by ham‐ham at 14:00| Comment(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

音楽には免疫を高めて、風邪がうつりにくい効果も!音楽で、心身の健康を維持

フランスの精神分析医でもあるルジョワイユー教授が挙げる、気分よく過ごすためのヒントから、健康な心と身体の維持に役立つ情報を紹介します。


音楽と思考を活用して心身の健康を維持する方法

音楽と思考を活用して心身の健康を維持する方法.jpg

1日30分の音楽効果

好きな音楽を聞いて、癒される思いをした人は少なくないはず。以前Cafeglobeの記事「オンからオフまで場面で選ぶ音楽ジャンル別の心理効果」でも紹介されていましいたが、音楽による心理効果はすでに科学的にも証明されています。

数ある音楽のなかでも、幸福感を与える効果に抜きんでるのがモーツァルトです。

モーツァルト効果のおかげで、ニューロンのストレス耐性が高まることが観察されている。(中略)モーツァルトは、脳のホルモンを活性化し、ニューロンの成長を促す影響をもつ。言い換えれば、モーツァルトの音楽には、傷んだ神経を修復する効果があるのだ。

(Le Pointより翻訳引用)
とくに、モーツァルトの「Sonate Köchel 448(2台のピアノのためのソナタ)」は、未熟児の脳神経の発達を促すため、実際に病院で用いられ、効果をあらわしているそうです。

また音楽には、免疫を高める効果もあります。同教授の挙げるアメリカの研究では、同じ条件下においては、楽しい気分でいる人のほうが、風邪がうつりにくいという結果が出ています。

確かに子どもなど、学校で嫌なことがあったり、失敗したりすると、必ずと言っていいほどそのあと体調を崩します。気持ちが下がると免疫も下がるという点、深く納得できました。

そのほかにも、血圧や血糖値を下げる効果があるという音楽。同教授は、1日30分の鑑賞をすすめています。



共存できない思考と感動

もう1つは、どうしても悲しい思いに囚われてしまうとき試したいものです。ずばり、それは「考える」こと。

脳の感情を司るゾーンを取り巻くのが、思考を司るゾーン、皮質です。

この2つのゾーンは同時に働くことができないという驚くべき研究結果が出ました。

(Le Point より翻訳引用)
実験によれば、嘆き悲しむ人の映像を見ると、人はみな悲しい気分になります。ところが、同じ映像を前にしても、人物の数を数えるとか、暗算問題などの課題を同時に与えられていると、その限りではありません。

つまり、思考している間は感情に流されることはなく、逆に、感動に浸っているときは、思考はストップしているのです。

確かに、感動は、言葉にしようとすればするりと逃げていくもの。何が素晴らしいのかいちいち分析したりせず、感動したときはその思いに浸りきるのが1番なのでしょう。

また、悲しい思いにおぼれそうになったときは、「考える」ことで、落ちていく気持ちをストップできるわけです。ルジョワイユー教授は、悲しいときは、悲しみの要因がなんであるのか考えることから始めようとすすめています。

音楽と思考。うまく活用して、健康な心と身体の維持に役立てたいものです。

マイロハスの注目記事:消極的だった私を変えた、ある出会いについての話目元の撮影が多いモデルに聞いた、毎日続けている美白ケア自分のチカラで美しく。今年の紫外線ケアは「汗」がキーワード

[Le Point]

(冠ゆき)
Photo by Shutterstock.



マイロハス引用



posted by ham‐ham at 20:00| Comment(0) | 心身の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

Facebook(SNS断ち)をした方が使い続けるよりも人生「幸せ」を感じられる。

Facebookで知人の「リア充っぷり」を見て、滅入ってしまう――そんな心境はネット上ではよく吐露されるもの。このたびある調査で、「Facebook断ち」をした方が使い続けるよりも「幸せ」を感じられる傾向にあることが判明し、納得の声があがっている。

この調査を行ったのは、デンマークの「幸福研究協会」。調査では、Facebookユーザー1095人を対象とし、これを2つのグループに分割。1つのグループはFacebookを使い続けてもらい、もう1つのグループは使用をやめてもらった。


調査によれば、Facebookを使い続けた人からは「時間のムダ」という感想も多く寄せられていたという

Facebook断ちをした方が使い続けるよりも「幸せ」を感じられる傾向にあることが判明.jpg

FB止めた方が幸せ


そして1週間後、「幸福度」について尋ねたところ、Facebookを使い続けたグループで「現在の自分は幸せだ」と回答したのは81%だったのに対し、Facebook断ちをしたグループは88%。そのほか、「人生が楽しい」と回答したのも使用継続グループでは75%、Facebook断ちをしたグループで84%(以下の数字は、使用継続グループ/Facebook断ちグループ)。人生に熱くなれるのは49%/61%と、Facebook断ちをしたグループは人生に対して前向きな気持ちをもつ傾向にあることが判明した。

また「悲しい気持ち」を持った割合は、34%/22%。「不安」は54%/41%、「孤独感」は25%/16%、「憂鬱」は33%/22%、「怒りっぽい」は20%/12%と、Facebookを使い続けたグループは、Facebook断ちをしたグループよりネガティブな気持ちをもつ割合が多かった。

さらに、Facebookを利用している55%以上の人がストレスを感じていて、39%の人たちが“友人たちよりも自分は不幸せだ”と感じていることなどもわかったという。同協会では、「私たちは本当に必要なものではなく、他人が持っているものに注意を向ける不幸な傾向がある」と指摘している。

ここ最近、「SNS疲れ」というワードもネット上で見られていたことから、「Facebook断ち」の効果が示されたことに興味を持つ人が多数。Twitterには、

「他人と触れ合うことで得られる満足感はおそらく何処かで頭打ちになるんだ。それ以上の交友は負担にしかならぬ。何事も程々ってこと」
「たしかにFBにはいいとこしか載せない、もしくは過大にみせたりするからね。見る人はストレスになる。自分がうまくいってない時は特に。最近は連絡手段としてしか使ってないなあ」
「あれは自分がいかに生活が充実してるかを競い合うツールだと思うからFacebookやればやるほど人より劣ってると思わされて庶民は劣等感を溜め込むだけな気がする」

など、調査結果に納得する声が投稿されている。

ちなみに「Facebookをやめたい」と思っているユーザーは少なくないようで、

「ってかFBやめたい
メッセンジャーなかったらとっくにやめとう」
「やめたいけど仕事の連絡がfbのメッセージやグループで来ちゃうからやめられないのよ( ;´Д`)」
「いいかげんFacebookやめたいんだけど どの仕事もFBでがんじがらめにされてるのでもうどーにもならん・・・まさにFB社の思うつぼ」

などという声も散見される。今回の調査対象はデンマーク人だったが、日本でも継続使用にストレスを感じている人は多そうだ。
(花賀太)

R25引用

posted by ham‐ham at 20:00| Comment(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。